トップメッセージ

代表取締役社長  藤井 久司

ようこそ 横河ブリッジホールディングスのホームページへ

 平素は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 当社グループは「社会公共への奉仕と健全経営」の理念のもと長年に亘り、数多くの橋梁や建築物等の建設に携わり、良質で安全な社会インフラの整備を通じて社会に貢献してまいりました。
 当社グループを取り巻く事業環境のうち橋梁事業につきましては、新設橋梁の発注量は、これまでと同水準か減少傾向で推移するものと思われます。一方で、老朽化した橋梁の補修工事や高速道路会社を中心とした大規模更新・大規模修繕等の保全事業に対する需要が拡大しており、グループが保有する技術者と施工実績を最大限に活かし、新設橋梁事業と保全事業を合わせた橋梁事業全体の発展を目指してまいります。
 システム建築事業につきましては、部材を標準化することにより「短工期・低コスト・高品質」を実現し、目的に応じて1ミリ単位の要望に応えることのできるyess建築が工場や倉庫、物流施設などの幅広い建設分野で支持を集め、年々受注量が増加しており、更なる設備投資を図り生産能力を増大してまいります。
 土木構造物につきましてはシールドトンネル用セグメントが確実な成果を上げており、今後は海洋構造物の受注にも注力してまいります。
 第4次中期経営計画の最終年度であります平成30年度の数値目標につきましては、既に達成いたしましたが、引き続き堅実な業績向上に努めるとともに、第5次中期経営計画として新たな事業方針や目標を策定し、実行していくことによりグループの更なる発展に取り組んでまいります。
 労働環境の改善は企業の大きな課題の一つであり、当社グループは働き方改革を推し進めるため、特に現場における長時間労働を是正するためのアクションプランを策定し、これを実施してまいります。
 これからも皆様からのご期待に応えられますよう、グループの役員および従業員が一丸となり努力してまいりますので、皆様の変わらぬご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。
 最後になりますが、このホームページが当社グループをご理解頂く一助になれば幸いでございます。

代表取締役社長  藤井 久司